施設・設備

都立大崎高校の施設・設備


 

新校舎が平成11年8月に竣工し、新校舎での授業が始まりました。新校舎は全館冷暖房完備の7階建です。阪神淡路大震災を教訓に、全国の高校では初の「免震構造」となっています。平成14年9月には、新しい正門・グラウンド・駐輪場が完成しました。グラウンドは、地面より高い位置にある人工地盤で、近々その下に道路が通る予定です。雨水を貯水して下水道に再利用する配慮もなされ、災害対策も万全です。平成23年3月にはテニスのオムニコート2面が竣工し、予定されていた工事がすべて終わりました。

校 地:

校舎延床面積:

校舎棟:

体育館:

格技棟:

その他(空調等機械室):

18,724.64m2

16,081.03m2

12,087.03m2

1,306.08m2

1,972.87m2

70.60m2

管 理 室:

校長室1 職員室2 経営企画室1 準備室12 主事室1 備蓄倉庫1 相談室1 食堂1 厨房1 放送室1 保健室1 視聴覚調整室1 保健相談室1 進路指導室1 和室1

会議室1 倉庫1 印刷室1

 

教  室:

普通教室21 生徒会室2 教材室2
特別教室 化学室1 生物室1 物理室1 美術室1 書道室1 音楽室1 調理室1 被服室1 視聴覚室1

社会科室1 地学室1 多目的教室1 CALL教室1
図書室(閲覧室1 司書室1)

 

体育施設: 体育館(トレーニングルーム、器具庫3、ステージ、ギャラリー、放送室、控室)
武道場(柔道・剣道場、更衣室、体育準備室、部室、器具庫11)屋上プール(8コース)
テニス・オムニコート(2面)

 

 

免震構造

校舎基礎の免震装置(右上2枚目の写真の赤い部分)で揺れを吸収し、大地震でも建物の大破や倒壊を防ぎます。平成23年3月の東日本大震災では、図書室の本が1冊も落ちませんでした。

▲免震装置(校舎基礎)  

視聴覚室

2階に位置する視聴覚室は、区民会館小ホール並みの設備を誇ります。276の座席と車椅子専用座席2席、小さな舞台もあります。正面には200インチの大スクリーンが設置されています。

▲視聴覚室 300人収容(2階)  

図書室

3階に位置し、南側は明り採りの中庭、北側は戸越公園の木々を望めます。明るく静かな環境で読書や勉強ができます。コンピュータシステムにより、貸出・返却・蔵書検索をおこないます。

▲図書室(3階)  

7階からの眺め

東側から北側への展望がすばらしい。春は緑の絨毯・秋は錦絵の戸越公園の木々の向こうに、天王洲・レインボーブリッジ・お台場の観覧車・東京タワー・・・。「百聞は一見にしかず」です。

▲エレベーターホールからの眺め(7階)

人工地盤グラウンド

近々、都道補助26号線が本校敷地内を貫通する予定です。人工地盤のグラウンドの下を道路が通ります。グラウンド表面は、アトランタオリンピックと同じラバーでできています。

▲人工地盤グラウンド  

テニスのオムニコート

平成23年3月、テニスのオムニ(砂入り人工芝)コート2面が竣工し、予定されていた工事がすべて終わりました。

▲オムニコート(テニス)  

 

 

〒142-0042 東京都品川区豊町2-1-7
電話 : 03-3786-3355 ファクシミリ : 03-3782-4059
アクセス