サイトマップ

校長挨拶

 


 
「自信と誇り」を胸にさらなる発展を目指す大崎高校

    

 

東京都立大崎高等学校長  豊岡 耕一郎
  
 
 大崎高校の校長、豊岡耕一郎と申します。どうぞよろしくお願いします。
 本校は、明治四十四年に東京府立荏原郡大崎町立大崎女子実業補習学校として創立され、地域の皆様に支えられながら、平成二十三年度に百周年を迎えた都立高等学校でも有数の歴史と伝統を誇る学校です。先日も地域の区役所、地域センター、消防署・警察署等に御挨拶に伺ったとき、「大崎高校の生徒さんには大変お世話になっております。」と、どこに行っても大歓迎を受けました。今まで取り組んできた防災教育や部活動を通して、地域との絆が生まれ、学校に対する評価が一段と高まってきた結果です。今後とも百年という歴史の重みと伝統を受け継ぎながら、新たな前進に向けて着実に歩んでまいります。
 さて、本校の教育目標は「創造的な知性と感性を身に付けた生徒、誠実で豊かな人間性と道徳心を身に付けた生徒、心身ともに逞しい生徒の育成であり、特に、「時を守り、場を清め、礼を正し、公共を意識する。」を本校のスローガンとして、学力向上に、生活指導や地域社会貢献などに取り組むとともに、強い心と体をもち、知性のあるタフな人間の育成に努めております。
 最近では、「大崎高校は生活指導が厳しい学校」という評判を受けております。その一方で、「だからこそよかった」という評判も多く聞きます。それは、挨拶や時間の厳守、身だしなみなどの社会人としての礼儀や、相手への思いやりの心、学び続ける力などが、実社会で強く求められているからです。こうしたことを一つひとつ、毎日心がけて実践をしていくことにより、「自信と誇り」をもって社会で活躍できる生徒の育成に取り組んでまいります。
「自信と誇り」と持つためには、目の前の小さなことでもいいから、自分なりに課題を設定して行動してみるということです。それは勉強であったり、部活動であったり、生徒会活動であったり、人によってさまざまだと思います。目の前にあることを一生懸命にやることで、何らかの変化があって、自分も変わっていきます。その小さな積み重ねが自信や結果につながって、誇りが持てるようになります。
「考え方が変われば行動が変わる。 行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」
 大崎高校では、全教職員が一丸となり、きめ細やかな指導を心がけ、生徒一人一人が社会的自立に向けて成長できるよう卒業まで援助してまいります。
 ぜひこの大崎高校で運命が変わるきっかけをつかんで欲しいと心から願っております。

 

平成30年4月1日

 

 
 
  

 

〒142-0042 東京都品川区豊町2-1-7
電話 : 03-3786-3355 ファクシミリ : 03-3782-4059
アクセス