沿革

東京都立大崎高等学校 沿革


 

元号   年月  
明治   44.4 東京府荏原郡大崎町立大崎女子実業補習学校として第一日野尋常高等小学校内に設立、生徒10名をもって開校、同小学校長小川忠淳、兼任校長に任ぜられる。
大正  

6.4

8.11

15.4

第一日野尋常高等小学校に移転。

荏原郡大崎女子実業補習学校と改称する(町立)。

学則を改正し修業年限を本科2ケ年、研究科2ケ年とする。

昭和  

2.2

3.4

 

7.5

7.10

10.9

10.10

荏原郡大崎町立大崎実修女学校と改称する。

1学級を増設して4学級編成とし、学則を改正して課程を普通科・本科各2ケ年および研究科とする。

後援会発足、松原伝吉会長となる。

東京市品川区大崎実修女学校と改称する(区立)。

職業学校規程による甲種実業学校に昇格する。

東京市大崎高等実修女学校と改称する。

昭和

昭和16年校舎 

昭和18年当時

11.6

12.7

13.4

 

13.6

16.2

 

17.4

 

18.7

 

校歌を制定する。

 

同窓会(梧桐会)発足。

改正学則により第1・2学年は家政科・実業科に分ち、第3・4学年は家政科のみとする生徒数378)。

第一日野小学校隣接地に専用校舎落成(敷地総坪数1,340m2)。

東京府立第2高等女学校教諭水町清、専任初代校長として着任。創立30周年記念式典挙行。

東京市立となり、東京市立品川高等実践女学校と改称する。東京府立第九高等女学校長桜井美、第2代校長として着任。

東京都政実施に伴い東京都立となり、東京都立品川高等実践女学校と改称。

昭和

昭和25年3月第1回卒業生

昭和27年現在地に校舎移転

校舎門

20.5

20.6

21.4

22.4

22.7

23.4

23.6

24.4

24.5

24.6

25.1

25.9

26.4

26.8

27.8

27.11

29.5

30.4

30.9

31.3

戦災により校舎全焼のため、芳水小学校の一部校舎を仮校舎とする。

東京都立竹台高等女学校教諭山田忠三郎、第3代校長として着任。

東京都立大崎高等女学校に組織変更。

併設中学校設置。

品川区西大崎1-270に校舎落成移転。

東京都立大崎新制高等学校に組織変更。

定時制課程設置。

男女共学制度実施。

後援会を解散してPTA発足、西本啓初代会長となる。

東京都立神代高等学校長緒方浩之、第4代校長として着任。

東京都立大崎高等学校と改称。

現在地(東京都品川区豊町2-1-7)に校舎移転、校舎落成(第1期工事1,080m2)。

学級増(1学級)により、5学級編成となる。

増築校舎落成(第2期工事686m2)。

増築校舎落成(第3期工事462m2)。

職員分室竣工(445m2)。

増築校舎落成(第4期工事363m2)。

学級増(1学級)により、6学級編成となる。

東京都立鷺宮高等学校長甲藤太郎、第5代校長として着任。

校歌改訂(土岐善麿作詞、信時潔作曲)。

昭和

昭和31年体育館落成

31.4

31.7

32.5

33.5

 

35.5

36.4

37.11

 

38.4

38.7

 

39.4

40.3

体育館兼講堂(900m2)竣工。

増築校舎(校長室・職員室・事務室・図書室)落成(第5期工事488m2)。

食堂(125m2)竣工。

東京都港区愛宕中学校長有元石太郎、第6代校長として着任、校庭東南外部683m2を校地として買収。北側校地1,980m2と戸越公園敷地同m2を交換。

定時制給食調理室(66m2)竣工。

東京都立昭和高等学校長堀越源作、第7代校長として着任。

創立50周年記念式典挙行、記念事業としてクラブハウス(15室148m2)・体育館付属舎(272m2)竣工。

学級増(1学級)により、7学級編成となる。

新築校舎(鉄筋第1期1,768m2)竣工、変電室(増強コンクリートブロック平屋建19.83m2)竣工、受水槽ポンプ室(鉄筋コンクリート造9.91m2)竣工。

学級増(1学級)により、8学級編成となる。

増築校舎(鉄筋第2期3,600m2)落成。

昭和

昭和49年旧校舎B棟落成

昭和49年校舎

黎明祭

40.4

40.5

41.3

41.4

44.4

44.5

44.9

46.3

 

47.4

49.11

 

 

50.3

東京都立千歳高等学校教頭倉又秀作、第8代校長として着任。

後援会設立渡辺林之助初代会長となる(45.5後援会解散)。

増築校舎(鉄筋第3期722m2)落成。

本年度より各学年とも8学級編成、生徒定員1,200名となる。

東京都立東高等学校教頭船本浩義、第9代校長として着任。

プール(25メートル、8コース)竣工。

改築校舎(普通教室6、特別教室4、準備室4、鉄筋第4期1,680m2)落成。

改築校舎(普通教室9、校長室1、職員室1、放送室1、鉄筋第5期1,199m2)落成。

校舎改修1,270m2(定時制職員室1、用務員警備員室1、事務室1)完了。

東京都立小石川高等学校教頭松元俊雄、第10代校長として着任。

校舎改築工事完工。(木造校舎1,355m2、給食室66m2、食堂126m2、物置2.53m2)、増築(給食室・食堂1、保健室1、図書室1、美術室、書道室1、会議室1、教材室2、城南就学相談所1、特別教室1、生徒会室全定各1、更衣室2、器具室2、計2,642m2)

クラブハウス竣工(243m2)。

昭和

昭和58年戸越公園駅前

昭和62年5月体育館・格技棟・プール改築工事竣工

50.4

53.4

56.4

56.11

56.4

60.4

62.5

63.4

東京都立小岩高等学校教頭長谷川美知男、第11代校長として着任。

東京都中野区立第四中学校長小比賀英孝、第12代校長として着任。

東京都立野津田高等学校長中島実、第13代校長として着任。

創立70周年記念式典挙行。

東京都立八王子北高等学校長武藤清躬、第14代校長として着任。

新築体育館、格技棟、プール(体・格計3278.95m2)竣工。

東京都立足立東高等学校長西山孝、第15代校長として着任。

東京都立教育庁学務部副主幹掛川久、第16代校長として着任。

平成

平成9年校舎

2.4

3.11

5.4

8.4

LL教室・パソコン教室新設。

創立80周年記念式典挙行。

東京都立松が谷高等学校教頭上條重夫、第17代校長として着任。

東京都立新宿山吹高等学校教頭柏原哲、第18代校長として着任。

平成

平成9年9月改築工事・着工

平成14年新校舎落成

9.6

11.9

11.11

12.4

12.7

13.4

14.8

14.8

16.4

19.4

 

東京都立大崎高等学校改築工事・着工。

新校舎竣工。地上7階12,109m2。

旧校舎A棟B棟解体。

東京都立代々木高等学校長星野佳正、第19代校長として着任。

入工地盤工事着工。

創立90周年。

人工地盤グラウンド建設工事竣工。

創立90周年記念誌発行。

東京都立向島商業高等学校長齊藤光一、第20代校長として着任。

東京都立町田高等学校副校長井上隆、第21代校長として着任。

平成
平成23年テニスコート工事竣工
 
平成23年10月創立百周年



平成30年1月人工芝へのグラウンド 改修工事完了
 

22.4

23.3

23.10

24.4

24.5

 

25.4

27.4

 

27.6

27.9

28.4

29.3

30.1

東京都立神代高等学校副校長小巻明、第22代校長として着任。

テニスコート工事竣工。

創立100周年記念式典挙行。

中部学校経営支援センター担当課長牛来峯聡、第23代校長として着任。

平成24年度防災教育推進校に指定される。

平成24年度~平成26年度重点支援校に指定される。

平成25年度スポーツ教育推進校に指定される。

東京都教育庁指導部体育健康教育担当課長白井克昌、第24代校長として着任。

平成27年度オリンピック・パラリンピック教育推進校に指定される。

平成27年度~平成28年度東京都中部学校経営支援センター特別指定校に指定される。

文化・スポーツ等特別推薦(バスケットボール・男子)を導入

平成28年度入学生より特進クラスを設置

平成28年度子供の体力向上推進優秀校として東京都教育委員会より表彰される。

平成30年1月 人工芝へのグラウンド改修工事完了











 

 

 

 

〒142-0042 東京都品川区豊町2-1-7
電話 : 03-3786-3355 ファクシミリ : 03-3782-4059
アクセス