印刷

指導の重点

 

(1) 各教科・科目の指導
(1)   指導内容を一層精選して生徒の学ぶ意欲を引き出し、言語活動や表現活動を重視して、基礎学力の充実を図るとともに、生徒にとって「わかる授業」を展開する。
(2)   学校評価や「生徒による授業評価」結果を踏まえて、多様な生徒に応じた指導法の工夫・改善を進める。
(3)   多様な生徒に対して、各種検定受検や、補習や講習など個に応じた指導を充実させる。
(4)   補助教材・教育機器の活用を充実させ、とくにICT教育を一層推進する。
(5)   日常における調べ学習等による図書館の活用を図るとともに、読書活動を推進する。
(6)   創立以来の2学期制の長所を生かして授業時数の確保を図る。
 
(2) 特別活動の指導
(1)   道徳教育の全体計画に基づき、ホームルーム活動、生徒会活動、部活動等を通して、自律性、自主性を養うとともに、生徒間の連帯意識、社会性の育成に努める。
(2)   修学旅行、移動教室、遠足等の校外行事を通して、自然環境・文化の特性や歴史的価値等を理解させる。
(3)   球技大会、文化祭などの学校行事を通して、集団における個人の在り方、役割や責任感を養う。
 
(3) 生 活 指 導
(1)   授業規律を確立し、生徒が落ち着いて学習に取り組める環境になるようきめ細かい生活指導を行う。
(2)   学校生活における生徒間の相互理解と協力を図るとともに、人権尊重の心を育てる。
(3)   薬物乱用防止の内容を含む保健講話の実施や、カウンセリング、健康診断等を積極的に活用し、健全な心身の育成を生徒自らできるようにする。
(4)   セーフティ教室、防災・避難訓練、交通安全教室等を実施し、生徒の心身の健全な育成を図る。
 
(4) 進 路 指 導
(1)   キャリア教育全体教育計画に基づき、学業と勤労の両立を図り、望ましい職業観、勤労観を育成する。
(2)   4年間を見通した計画的、組織的な進路指導を進め、進路ガイド講座(1回)、進路ガイダンス(2回)などを活用して、生徒の能力・適性、興味・関心に応じた適切な指導を行う。
(3)   生徒の自己理解を深めるため、面談(個人面談、保護者面談)(2回)を行う。また、保護者会、及び生徒の職場や関係諸機関とも密接な連携を図り、進路指導の充実に努める。
 
(5) 総合的な学習の時間
(1)   2学年、3学年、4学年の各1単位時間を時間割に位置づけ、「総合」と名称して実施する。
(2)   生徒の興味・関心を引き出し、図書館での文献調査など主体的に取り組む態度や問題解決能力を育てる。
(3)   第2学年では、奉仕活動について学び、知識を深め、奉仕体験活動を行って教科「奉仕」の代替とする。
第3学年では、職業観、勤労観を深め、自己の進路について展望する。
第4学年では、平和・環境・人権など現代社会の諸課題を自ら設定、考察する中で、自分の生き方・在り方について深める。
〒142-0042 東京都品川区豊町2-1-7
電話 : 03-3786-3355 ファクシミリ : 03-3782-4059
アクセス